ペルセウス座流星群2019今年はいつからいつまでなのでしょうか

ペルセウス座流星群2019今年はいつからいつまでなのでしょうか

ペルセウス座流星群とは

ペルセウス座流星群(学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群です。
ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。
7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。
しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つになっています。

この三大流星群の中でも特に流星数が多く、1時間に30?60個以上の流星を観測出来ます!

仮に1時間に60個だとすると、1分に1個は見られるという計算になりますね(^^)

時期としては7月20日?8月20日頃にかけて見ることが出来て、8月13日に流星の数が一番多い極大を迎えます!

流星群の極大(ピーク)の時間帯はいつ頃なのでしょうか?

・7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。

・2019年のペルセウス座流星群は、「8月13日(火)0:00~4:00頃」が一番の見頃になります。

・ピークの時間帯には1時間に30?60個以上の流星が観測できるかもしれない!

・方角は決まっていないが『北東の空』がオススメ。

・また夜間の気温も高い時期にあたることから、最も観測しやすい流星群

・お盆休みということもあり、星を見る機会も多い時期

いかがでしたでしょうか。いつもは星に興味ないよという方もお盆休みのこの時期だけでも
夜空を眺めてはどうでしょう。いつもとは違う真夏の天体ショーが楽しめると思います。
あるいは、このときのためだけに天体望遠鏡と観測用のデジカメも用意するのも面白いと思います。

具体的には8月13日の16時頃がピークです。

ペルセウス座流星群は8月13日に極大を迎えますが、その日限定の流星群ではありません。

その為11日深夜や13日深夜でも、同じぐらい流星を観測出来る可能性が高いですよ!

実は東京や大阪など地域によって方角は決まっておらず、どの地点からでも空を見上げれば観測することは出来ます!

ただどこを見ていいかわからない場合、ペルセウス座流星群の放射点である『北東の空』を見上げると良いですね。

ペルセウス座流星群の名前の由来は?

ペルセウス座流星群のペルセウスというのは、

ギリシャ神話に出てくる英雄の名前で、メデューサという魔女を

退治した大冒険の物語が伝えられています。

ペルセウス座流星群の観測状態は?

2019年のペルセウス座流星群は、流星を観察する条件としてはっきり言って悪いです。今年は8月15日が満月のため空が明るく、月明かりの影響がほぼ一晩中続き、見ずらいというのがその理由です。そのため、ビルが多い都会より、ビルが少ない田舎のほうが見やすいということになります。

まとめ

・7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。

・2019年のペルセウス座流星群は、「8月13日(火)0:00~4:00頃」が一番の見頃になります。

・ピークの時間帯には1時間に30?60個以上の流星が観測できるかもしれない!

・方角は決まっていないが『北東の空』がオススメ。

・また夜間の気温も高い時期にあたることから、最も観測しやすい流星群

・お盆休みということもあり、星を見る機会も多い時期

いかがでしたでしょうか。いつもは星に興味ないよという方もお盆休みのこの時期だけでも
夜空を眺めてはどうでしょう。いつもとは違う真夏の天体ショーが楽しめると思います。
あるいは、このときのためだけに天体望遠鏡と観測用のデジカメも用意するのも面白いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする