2019年土用の丑の日はいつ?夏に鰻を食べる意味

2019年土用の丑の日はいつ?夏に鰻を食べる意味

7月になるとスーパーやコンビにで「土用の丑の日」といって
うなぎの蒲焼の予約の受付が始まっています。

2019年の土用の丑の日は7月27日です。
土用の丑の日は年に2回ある年もありますが、今年は1回だけです。

そもそも土用の丑の日とはどういう日なのでしょうか。
どういった経緯でうなぎを食べるようになったのでしょうか。

今回は土用の丑の日について調べてみました。

土用とは、立花・立秋・立冬・立春直前の約18日間の
「期間」を示す言葉です。

昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。

つまり”土用の丑の日”とは、土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。

土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わります。

土用の丑の日といえば夏というイメージが強いと思われがちですが、
立夏・立秋・立冬・立春それぞれに土用があります。

似たような表現に土曜がありますが、土用の丑の日と土曜日の土曜は
全く関係がないそうです。

ちなみに2019年の7月以外の土用の丑の日は、
1月28日、4月22日、8月1日、10月24日
というようになっています。

2018年には夏の土用の丑の日は2回ありました。
7月20日を「一の丑」、8月1日を「二の丑」といいます。

2019年は、夏の土用の丑の日が1回だけで、7月27日(土)が
「一の丑」になっています。

私は今まで土用の丑の日は夏しかないと思っていましたので
今年は、もう1回、10月31日あるとは想像もしませんでした。

土用の丑の日にうなぎを食べるようになった理由

平賀源内による発案

古くは「万葉集」にうなぎを詠んだ句もあることからそういい考えは
昔からありましたが、

ウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは1700年代後半、江戸時代でした。
一説によれば「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

という看板を立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったとか。
この「本日丑の日」は、日本初のコピーライティングともいわれています。

この時の、 「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」 という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったのです。

土用の丑の日でうなぎ以外に食べていいものがある!

土用の丑の日は、「うのつくもの」を食べると夏負けしない、という言い伝えがある日です。

うなぎの『う』ですね!
そのため、うなぎ以外のものでも問題ありません。

鰻以外で土用の丑の日の食べ物というと、

・うどん
・瓜
・梅干し
・うし(牛肉)

あたりが有名です。

私の地元は結構牛肉が有名な土地柄だったので
鰻の蒲焼以外にも牛肉を食べる風習があります。
牛ということで、牛丼なんかもいいとされていますね。

まとめ
いかがでしたでしょうか?私なんかは土用の丑の日は今年は
4回もあるなんて意外でしたね。ということは夏にばかりに
言わなくても1月の土用の丑の日にうなぎを食べてもいいと
いうことになりますよね。こう書いていると私もうなぎが
食べたくなってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする